下取りと買取りの違い

愛車を手放す際にお世話になっているディーラーで下取りをしてしまったほうが賢い選択なのか、それとも車買取専門店で買い取ってもらったほうが賢い選択なのか迷われている方は多いのではないでしょうか。愛車を手放す方法には大きく分けて2つ存在し「下取り」という方法と「買取り」という方法があります。まず「買取り」とは車買取専門店で専門の査定士に中古車査定してもらい愛車を買い取ってもらう方法です。「下取り」とは新車の購入先のディーラーに値引きという形で車を引き取ってもらうという方法です。

基本的に「下取り」と「買取り」には大きな目的の差があるのですが、「下取り」はディーラーが車を買うことを目的としているのではなく、車を売ることが目的と考えているため下取りは単なる手段でしかありません。また「買取り」は中古車市場の状況に敏感でグレードやボディーカラー、年式、走行距離などを元に流通価格から算出します。「下取り」と「買取り」どちらにもメリット・デメリットがあるので愛車を高く買い取ってもらうために違いについて考えてみたいと思います。

車下取りについて

そもそも車下取りとは一般的に新車を購入することが前提で、新車購入金額から愛車の中古車査定分を値引くこととなります。そのため新車車両金額の見積もりの中に買取分として記載されるようになっています。結果的に値引き分として扱われるものと考えておいた方が良いでしょう。

車下取りのメリット

車下取りの大きなメリットとしては「安心感」があります。自動車ディーラーという一流企業ならではの特色を活かした販売網が街中にあるため、車に詳しくない人たちでも最大の安心感となるのではないでしょうか。また商談〜購入〜下取り〜納車まで営業マンが一括してやってもらえることは安心感にも繋がりますし、お仕事で日々の忙しい方にも満足のいく方法です。また営業マンとのこれまでの信頼関係もあり、これからの信頼関係にも繋がることなので安心しておまかせができます。

車下取りのデメリット

一方、車下取りのデメリットについてもいくつか挙げてみたと思います。基本的に車を売ることが目的のため結果的に足元を見られることが多く下取り価格は非常に安いです。キャンペーン期間中や買取相場の高い時期であってももちろん中古車査定額は変わらないですし、そもそも中古車市場をあまり理解していない印象です。また新車購入費用とのサジ加減を営業マンはいくらでも調整できるため、営業マンのスキルや知識によっても大きな違いが出てきます。

そこで売る側も考えなくてはいけないのは見方を少しだけ変えて、新車購入の値引き額ばかりに気を取られてしまい満足してしまうのではなく、買取専門店などに中古車査定してもらうことも重要と考えたほうがよいでしょう。結果的に少しの手間で大きな金額の差が生まれるかもしれないからです。

車買取専門店とは

車買取専門店とは度々比較されることが多く名前だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。「買取り」は下取りとは違い、買取専門店で愛車を買い取ってもらうだけで新車購入の値引きには含まれないという所が大きく違うポイントです。そのため、買い替えの場合は愛車を手放した金額がそのままご自身に支払われるため、その後にディーラーなどに支払わなくてはいけないという手間も発生してしまいます。

また、車買取専門店の査定士は中古車市場に精通しているため流通している価格同様、買取価格にもたいへんシビアです。ですが1件1件の業者によって買取価格の差があることも事実です。この違いも含めながらメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

車買取専門店のメリット

車買取専門店のメリットとしてまず最初に挙げられるのは、下取り価格よりも安定して高い金額を提示してもらえることが多い点です。元は同じ車なのだから、それ程買取価格は変わらないだろうと思っている方もいるかもしれませんが、価格には大きな違いがあるのが実情です。その他のメリットとしては出張査定を希望することで、自宅に査定士が出張してくれます。お仕事などで忙しい方には時間と手間の節約にも繋がります。ちなみに出張査定は無料で行ってくれる会社もありますので気軽に問い合わせてみましょう。

車買取専門店のデメリット

それでは車買取専門店へ依頼した場合のデメリットも考えてみます。まず最初に年式の古いクルマや車両状態の悪い車はまず安く買い叩かれます。これはいくらでも理由が付けられるため売る側もそう言うもんなんだと思ってしまうことが多いです。場合によっては0円という結果もあります。

もう一つは車の買い替えが目的の場合、買う店と売る店が違うため手間と時間が倍以上かかってしまうことです。下取りの時のように同じ担当者がスムーズに行ってくれるわけではありません。安く買い高く売りたい気持ちとは裏腹に途中で息が切れてしまう可能性があるので注意が必要です。

査定にはある程度時間がかかる

また、中古車査定は非常に時間がかかるということも忘れてはいけません。車を見せてすぐに終わるというものではありません外装の状態、エンジンの掛かり具合、室内の状態、メンテナンスの有無などチェック項目は多岐にわたります。査定士はプロなので効率よくチェックを行いますがそれでも30分から1時間はかかると考えて下さい。逆に10分程度で終わった場合は喜ぶのではなく少し疑問に思ったほうが良いです。

それぞれ特色がある

車買取専門店は中古車市場の価格に精通しているため価格のトレンドも押さえているのが基本です。ですがお店によって価格が違ってくることがよくあるのですがその理由はそれぞれお店ごとに得意分野があるからです。四駆が得意な車買取専門店や軽自動車、ワンボックスに強い車買取専門店など用途によって力を入れいている会社がそれぞれあります。

また、オークションを卸先としている車買取専門店もあり季節によって集中して売れる車や、突然人気が高騰する車などもあるため車を買いたい側の都合で左右される場合もあるのです。大切な愛車をできるだけ高く売るためにも1つの車買取専門店ではなく「相見積(あいみつ)」という選択も視野に入れてみてはどうでしょうか。

車一括査定とは

車一括査定とは最近、買取り分野の中で最も注目されているサービスの一つです。背景としてはインターネットが世の中に普及したのがきっかけなのですが、その中でもスマートホンの爆発的な普及と利用者増加によるところが一番の理由です。先ほども出てきたキーワードですが「相見積(あいみつ)」という言葉をご存知でしょうか。車買取専門店への見積もりを複数の会社から一括して依頼できるサービスの総称です。

車一括査定のメリット

車一括査定の一番のメリットは、見積を複数社へ依頼して一番高い金額を提案した業者に決められることができます。ご自身で一社ずつ厳選して電話をかけて探すのも良いのですがそれでは時間と手間がかかってしまいます。これを一気に解消してくれるサービスであれば利用しない手はありません。複数の業者を一度に相手にできるわけですから比較も行いやすい所もメリットの一つです。A社はいくらで中古車査定してくれたとかB社はいくらまで頑張ってくれたなどの交渉もしやすいのも特徴です。

車一括査定のデメリット

時間を有効に使える車一括査定ですがメリットばかりではなく、もちろんデメリットも存在します。やはり一番のデメリットは申込直後から営業の電話がガンガンかかってくることを覚悟しなくてはいけません。「是非、愛車を拝見させて下さい。よろしければ今からでもお伺い致します!」という内容の電話が殆どです。買取業者も買取りできる車があってはじめてビジネスが成り立ちますし、一括査定という特徴からライバル業者よりも早く連絡したいという思考からくるものなので理解が必要です。逆にそこさえ理解してしまえば、1件ずつ連絡する手間を軽減できるとも考えられます。

おすすめは車一括査定サイト

これまでにご紹介した愛車を売る方法は「車下取り」「車買取専門店」「車一括査定」がありました。御覧頂いても分かるように「車一括査定」が時間と手間の短縮ができるため効率よく愛車を高く売ることが可能だということがわかったのではないでしょうか。

実際に1社1社に電話をしてやり取りをするのは大変なものです。ですが実際に比較すると間違いなく中古車査定額の差は出てきます。下取りで0円と査定されてしまった愛車でも車買取専門店で中古車査定すると10万円の値がついたという話もあります。車一括査定を賢く利用することで1社1社に電話をする手間を軽減させることができますので、どうせ値段が使いないだろうなどと諦めずに挑戦してみましょう。

一点だけ気を付けなくてはいけないのは、ちょっと査定額を知りたいという軽い気持ちで中古車査定依頼をしてはいけないということです。車を売ることを前提に査定士てもらうことが基本と考えて下さい。「自分の愛車が今どれくらいの価値なんだろう?」と気になる気持ちはわかりますがそれはNGなのです。

一定期間車を使用できない場合もあります

車を買い換える時に車一括査定を使用して愛車を売却すると一定期間車を使用できない期間が出てくる場合があります。これは購入と売却でそれぞれ別の業者となるため、愛車の引渡日と新しく購入した車の納車時期がずれ込む可能性があるからです。新車購入の場合であればディーラーが代車を用意してくれることが大半ですがピークの時期の場合や、中古車で購入した場合など厳しい場合も存在します。プライベートのみで使用されている方であれば少しの我慢で済んでしまうこともありますが、通勤やお仕事で使用される場合はこのあたりの使用できない可能性も視野に入れておいたほうが良いと思います。

車一括査定が高く売れる理由

車一括査定が愛車を高く売れるポイントは「相見積(あいみつ)」です。アナタが車を購入する際の値引き交渉の一つとして競合車種の見積りを引き合いに出すことはないでしょうか。多くの人はできるだけ安く車を購入したいのでシビアに考えますが、愛車を手放す場合にはシビアさがかけてしまう傾向にあります。理由としては「めんどくさい」「どこに依頼したらよいかわからない」「どこで売っても同じだろう」などといったことから愛車の中古車査定金額を比較しないことが殆どです。

相見積をとり比較して購入時と同様に、愛車を売却する時も複数の業者から見積りをとり最も高く買い取ってもらえる業者を探すことが重要です。1社1社丁寧に車買取専門店を調べて連絡していくのも良い方法だとは思いますが、続けていくうちに集中力もなくなってくるため結局は妥協してしまうことが殆どです。車一括査定は一度に見積り依頼をかけられるので、時間と手間がかからないことが結果的に最高値で売ることができるというわけです。

見積り額の違いについて

先ほどの内容でも出てきましたが業者によって見積り金額には差があります。中古車市場の相場があるのだから買取価格はどこも基本は横並びになるのではないかと考えるのは普通です。ですが実際に価格差が存在するのはなぜでしょうか。

理由の一つとして中古車市場は買い手のニーズによるということが考えられます。例えばA社の場合、ファミリー層の多い住居エリアで出店を予定しているための在庫を確保と考えているとします。一方B社は日本中に広いネットワークをもたせたいと考えているため全国展開での出店を予定しているとします。

ここに愛車を手放そうと考えているCさんがA社とB社に見積りを依頼したいと考えます。愛車はファミリー向けのワンボックスカーです。B社は相場程度の見積りを出したのですが、A社はファミリー層の多いエリアで出店を考えているため相場よりも上乗せして見積りを提示してきました。このように買い取る側の強化している車と一致していることで愛車を高くることができるのです。

ですが、CさんはA社がファミリー層の多いエリアで出店を考えているということを最初から知ることは難しいです。よほど業界に精通している方ではないと分かるはずがありません。そこで登場するのが車査定一括です。車査定一括のサービスを利用することで買い手側のニーズを知らなくても結果的には価格で知ることができます。

【申込23秒で完了】売りたい車はまず査定!かんたん車査定ガイド