車一括査定のメリット

愛車を高い値段で買い取ってもらうには複数の買取専門店で査定してもらうことが効率の良い方法です。複数の買取専門店の間で競い合うため、必然的に価格がつり上がっていくからです。ですが、1件1件の買取専門店に自分で調べて、わざわざ自分で車を持ち込んで査定してもらうのは非常に面倒な作業になります。そこで登場したのがインターネットから気軽に複数の買取専門店に査定を依頼できる車一括査定というサービスです。

最近ではインターネットとスマートホンの 普及により車一括査定を利用する人は増えてきましたが、まだ利用したことがない方には一体どういった流れで申し込み、買取に至るのかがとても気になるのではないでしょうか。このページでは初めて車一括査定を利用してみたいという方のために、車一括査定のメリットや、申込から売却までの流れなど解説していきたいと思います。

車一括査定が無料の理由

なぜ車一括査定は無料で利用できるのでしょうか。車一括査定より紹介されるそれぞれの車買取専門店は、買い取った車を中古車市場などで売り、その差益でビジネスになっています。ですが、車一括査定の運営者側はどのように利益をあげているのか疑問に思う方も多いと思います。もちろん車一括査定の運営者はボランティアで行っているわけではありません。実は掲載している車買取専門店よりお金を頂く事で運営しているのです。

どういう仕組かというと、車買取専門店に対してユーザーからの申込に対し1件あたり1,000円〜1,500円を手数料として頂いています。ユーザー1人あたりの紹介件数は3〜5件程度ですので、少なくても3,000円多い場合は7,500円もの利益が発生するということになります。

見方を変えてみると、車買取専門店は各業者それぞれが1,000円〜1,500円という料金を問い合わせ毎に支払い、申込してきたユーザーに連絡をしてくるのですから各業者は必至に買取りたい気持ちが分かるのではないでしょうか。

高く売ることができる

車一括査定のメリットは一度に複数の車買取専門店に査定してもらう事ができるため愛車を1円でも高く売れることです。その他の売却手段としてディーラーの車下取という方法もありますが、車一括査定の方が高く売れます。では、なぜ車一括査定のほうが高く売れるのでしょうか。

ディーラーの車下取りはあくまでも新車を売るための手段に過ぎないため、基本的に査定金額の算出方法も中古車市場や買取相場とは全く関係のない所で付けいている傾向があるからです。車購入時に手間を掛けたくないという考え方からすべて担当に任せてしまうため足元を見らることが多いです。

車買取専門店の場合は車を買取り中古車市場で販売させることが目的のため高く買取ってくれます。さらに車一括査定を利用することで1社で査定してもらうよりも各社競い合うため高く売ることが出来ます。

申し込みの流れ

①ご希望の車一括査定のサイトにアクセス

車一括査定のサイトは人気と共に様々なサイトが存在していますが、おすすめさせて頂いているサイトはかんたん車査定ガイドです。

②愛車の情報を入力

愛車の車種・年式・走行距離やご自身の連絡先などを詳しく入力します。車一括査定のサイトによって入力する項目は違ってきますので車検証と免許証は念のためご用意しておくとスムーズに進めらます。

③送信完了後に愛車の査定額が概算で表示

車一括査定のサイトの中には、申込完了後に概算で買取査定金額が表示される場合があります。注意したいのは表示された買取価格は愛車と同じ車種の過去の買取実績から算出されるものであり確定した金額ではないということです。

④ 車買取専門店とのスケジュールを調整

車買取専門店から電話またはメールでアナタの所に連絡があるので、査定してもらう日時を話し合いましょう。車一括査定への申込直後は該当する業者からの連絡が一斉に来ますので心の準備をしておきましょう。

⑤査定に必要な書類を用意しておく

査定後の売却もスムーズに行えるように必要な書類を用意しておきましょう。

車検証(自動車検査証)

愛車に関する登録番号や型式などが情報が詳しく書かれた書類です。ダッシュボード内に保管している場合が多いのですが、万が一紛失してしまった場合は再発行しましょう。再発行は陸運局で可能です。

自賠責保険証明書

自賠責保険に加入していることを証明するための書類があります。こちらもダッシュボード内に車検証と一緒に保管されていることが多いのですが、紛失している場合は加入している保険会社に連絡することで再発行が可能です。

自動車納税証明書

毎年支払う自動車税の証明書です。最近ではYahoo!公共料金でカード払いを行っている方も多くなってきているので、紙の証明書がない場合もあります。その場合は査定士の方にYahoo!公共料金で支払っている旨を伝えておきましょう。

保証書

愛車の保証をディーラーで受けられる書類です。中古車で購入した場合でも保証期間内であれば保証を受けられます。こちらも紛失してしまった場合は再発行してもらいましょう。

取扱説明書

ディーラーで発行している取扱説明書です。愛車の機能や取り扱い方法などが記載されており紛失してしまっている場合は査定にマイナス評価が付いてしまいます。

整備手帳

愛車の通信簿的な書類です。これまでに行った整備などが記載されています。この整備手帳に詳しくこれまでの整備記録が記載されていることで、メンテナンスをしっかり行っている証明にもなります。しっかりした整備手帳があると買い手がつきやすくなるため査定にもプラス評価がつきます。

保証書や整備手帳などは紛失していても査定を受けることはもちろん可能なのですが、これらの種類が揃っているとより査定額にプラス評価がつきやすいという意味で考えて頂けたらと思います。理由はこれらの書類があると中古車として次に購入を考えているお客様に安心感を与えることができるというメリットがあるからです。

身近なイメージとしてアナタがPlayStation4やNintendoSwitchなどのゲーム機を中古で購入しようと考えた場合に、説明書がなかったり外箱がないと何となく不安になるのと同じです。外箱や取扱説明書があり更にメーカー保証が残っていると、中古で購入をしようと思った場合にでも安心して購入できるといった感じに似ていると考えて下さい。

⑥複数の買取店に愛車の査定を受ける

各車買取専門店とのスケジュールを調整して愛車の査定を受けます。もちろんここで価格交渉を行いましょう。価格交渉に必要な情報は下記のページでもご紹介しておりますので参考にして頂けると幸いです。

参考ページ:高く車を売る方法

⑦売却先を選定する

複数の車買取専門店の査定を受けて条件にあう売却先を探します。納得のいく業者が見つかりましたら契約書を交わして車の引き渡しとなります。その際に必要な書類がありますので下記に記載します。

愛車を車買取専門店へ売却する場合は上記の「⑤査定に必要な書類を用意しておく」に記載した書類の他に下記の書類が必要になります。

リサイクル券

車の所有者は自動車リサイクル法でリサイクル料を負担しなくてはいけない決まりになっています。リサイクル料を支払っているという証明がリサイクル券という書類です。紛失してしまった場合は運輸支局や軽自動車検査協会で再発行が可能です。

譲渡証明書

愛車の名義を変更する際に必要になる書類です。通常は車買取専門店で用意しています。

委任状

契約した車買取専門店の名義を代行してもらうために必要な書類です。こちらも通常は車買取専門店で用意しています。

印鑑証明書

書類に押印した印鑑が本物であるか証明するために契約時には必要な証明書となります。普通車の場合、売却時には実印が必要になりますが、軽自動車の場合は認印で大丈夫です。

住民票

車検証に記載されている住所と違っている場合に必要となります。マイナンバーカードを持っている場合はコンビニでも発行も可能な市町村あります。

戸籍謄本

車検証に記載されている氏名と売却される方の氏名が異なる場合に必要となります。こちらもマイナンバーカードを持っている場合はコンビニでも発行も可能な市町村あります。

希望通りの査定金額を提示されてもそこで安心するのはまだまだ早いです。契約は最後まで気を抜かずに慎重に行って下さい。愛車の名義変更に必要な書類である譲渡証明書や委任状や印鑑証明は、不要なトラブルを防ぐためにも売却金額の入金が確認されてから車買取専門店に渡すようにしましょう。また事前に入金のタイミングを確認しておくことでスムーズに契約を進めることをおすすめします。

トラブルなどが心配

数ある車買取専門店の中にも残念ながら悪徳業者と呼ばれる業者は存在します。中でも車を売る時に起こるトラブルは近年増加傾向にあります。ここではトラブルをまとめてみましたので、みなさまの売却時の参考して頂けたらと思います。

電話でのトラブル

電話でのトラブルは主にインターネット経由の車一括査定に多いトラブルです。車一括査定のメリットとして複数の業者にまとめて査定を申し込むことができるのですが、査定に関係のない勧誘の電話をかけてくる業者も存在するため注意が必要です。電話を放置した所でかけてくる業者は何度もかけてきますので、あらかじめ連絡方法をメールのみに設定することで未然に防ぐことができます。

査定時のトラブル

実際に査定してもらい希望していた金額ではなかったため断っていても、売るといっていないのに強引に愛車を持っていこうとしたり、クーリングオフが適用されるから後でキャンセルできると説明したりするケースがあります。どうして?と思う方もいるとは思いますが、しつこい営業で根負けして渋々契約書にサインしてしまう事が多いのです。面倒でも絶対に契約書にはサインせずにお引き取り願いましょう。それでも帰ってもらえない場合は警察を呼ぶなどの強い姿勢も場合によっては必要です。

キャンセル時のトラブル

また、トラブルの要因をできるだけ少なくするためにも契約書には慎重にサインするように心がけて下さい。売却先を選定しましたら契約書を交わすのですが、車の売買にはクーリングオフの適用がありません。契約書にサインした後に別の車買取専門店がもっと高い金額を提示したため「やっぱりやめます!」といっても基本的に取り消すことができません。また、キャンセル料を支払うことで取り消すことが可能な場合もありますが、中古車市場にすぐに出してしまうことが多いため、すでに買い手が決まってしまった場合はキャンセルしたくてもできません。

契約後のトラブル

酷いケースになると、査定額を最初から減額することを想定して高めに査定金額を提示してくる業者もあります。そして契約終了後に「査定士が確認した時は見つけることができなかった修復歴が発覚しました」という連絡で査定金額を減額してくる業者も存在します。

 

車一括査定では上記で挙げたようなトラブルが起こらないように、厳正な審査のもとで車買取専門店を選定しているのでユーザーにとって安心して利用することができるサービスです。また、利用されるユーザー側の方も可能な限りトラブルが起きないようにするためにも、愛車の売却は急がずにスケジュールに余裕を持って行うだけでも軽減できるのではないでしょうか。

安心して車査定を行うには

車一括査定を利用する上で、査定時や契約時にトラブルを少なくするオススメの方法は「JADRI(ジャドリ)」に加盟している業者を選ぶという方法があります。

あなたの愛車をインターネット上で売る基準の一つに信頼性が挙げられますが、その業者の良いか悪いかの判断はインターネット上の情報に頼るしかありません。JADRI(ジャドリ)とはインターネット上の中古車流通を健全に保つために発足された団体です。

では、実際にJADRI(ジャドリ)に加盟している車買取専門店を選べば良いのですが、1件ずつ加盟している業者を探すには非常に時間と手間がかかってしまいます。そこで便利な方法としてJADRI(ジャドリ)に加入している車買取専門店のみに無料出張査定を申し込む方法です。そのサイトは「かんたん車査定ガイド」です。

「かんたん車査定ガイド」ではJADRI(ジャドリ)に加盟している車買取専門店のみ紹介しているので安心して利用することができます。

【申込23秒で完了】売りたい車はまず査定!かんたん車査定ガイド