2年間乗ったマツダ・アクセラを一括査定

2017年9月6日

はじめに

乗り換えで新車購入したマツダアクセラを手放すことになりました。

この車は、もともと他メーカーの中古車を購入したマツダのディーラーで勧められるがままに購入してしまったものです。

価格の割りにどっしりしていて安定感があるので、1.5Lだったため、山道を走るときなどどうにもかったるさというものがありました。

CVTもスポーツモードがついていましたが、使い勝手もいまいちでした。

日立キャピタルでローンを組んで購入しましたが、すでに一括返済を終えていたので、思い切って買い替えをすることにしました。

下取りも考えましたが、より高く買い取ってもらえる一括査定を選びました。

査定依頼

少しでも高く買い取ってもらえるように、より多くの業者を競合させて高い価格を引き出せる「かんたん査定ガイド」というサービスを利用することにしました。

4社ほど問い合わせがきましたが、そのうち高く買い取ってもらえそうな2社に査定を依頼しました。

Web申し込みをした翌日に査定にやってきました。

午前1社、午後1社という形で、1社ずつ査定してもらいました。

査定結果

まずは1社目ですが、車の状態は非常によく高く買い取れるということでしたが、なぜか査定額はいまいちの75万円でした。

次に来た2社目ですが、こちらも査定額はいまいちの80万円でした。

買い取り価格に納得がいかなかったので、どちらも保留としました。

まとめ

その後、新しく購入する車を迷っていましたが、結果的にマツダのロードスターになったため、マツダで下取りもお願いしました。

その結果、なんと100万円という価格が出ました。

値引きもそれなりの40万円もあり、かなり得した感じがしました。

結果的には買い取りではなく、下取りにしました。

下取りが高いか?というとそういうわけでもなく、トヨタで下取り査定をしてもらったところ、70万円という価格でした。

いろいろと調べると、マツダの車はマツダ車を買うなら下取りをしてもらったほうが、買い取りよりも高くなる場合があるとの情報が得られました。

車種にもよるかもしれませんが、マツダからマツダへの乗り換えであれば下取りのほうがお得になるということを頭に入れておいたほうがよいでしょう。