ラビットの評判と口コミ

2017年9月20日

「車〜売るなら〜ラビット♪」のコマーシャルでおなじみのラビットですが、愛車を売却しようと考えた時に、まず最初に候補の上がる会社の一つではないでしょうか。

ラビットについて

社名:株式会社R&W
設立:2014年7月
店舗:165(2017年9月現在)
公式サイト:http://www.e-rabbit.jp/

中古車買取専門チェーン・ラビット(株式会社ラビット・カーネットワーク)は、業界第3位(2015年調べ)の買取実績を誇り、親会社には日本最大手の中古車オークション運営会社の「ユー・エス・エス(USS)」が母体となっているのが特徴です。「ユー・エス・エス」は1980年に設立し、業界標準となるオークション運営の手法で、年間約235万台のも中古車を取引する業界最大手です。

ユー・エス・エスはオークション市場への出品台数の増加を図るため、車買取専門店「ラビット」を子会社化させたのが2001年です。車買取専門店のラビットは全国約160店舗の内、70%がフランチャイズ店での運営となっています。ユー・エス・エスの加盟店が、ラビットを運営するケースも多く、店舗ごとに戦略や査定方法が異なります。そのため、各店舗の店長の裁量が、他社の車買取専門店よりも大きくため、スピーディーで高額な査定金額を提示できる場合もあります。また、フランチャイズ店が多いことから、各店舗によってスタッフの教育方針は異なります。そのため、スタッフの対応の質は店舗ごとに差があるようです。

ラビットの評判

車買取専門店のラビットは、オークション最大手のユー・エス・エスのグループ会社のため、年間年間約235万台もの膨大な流通データを元に、的確な買取価格提示ができる点が強みです。

買取した車の大半を、オークションに出品する車買取専門店にとっては、膨大な流通データを持てるということが、大きな強みになっています。理由は、買取相場を的確に判断できるとことは、買取価格を利益が出るギリギリのラインまで上げることができるからです。また、オークションにかかるコストが他社よりも、低い価格であるという事も大きな強みと言えます。

一般的に車買取専門店は、オークションでの出品から落札までの手数料が、3万円前後といわれています。そのコストを低く抑えることができるため、買取価格に反映させることが他社との差別化を図っています。

ラビットの口コミ

いくつかの専門店を回ってみたのですが、CMでも有名な「ラビット」が、他の買取店と比べても圧倒的にサービスがよかったので決めました。スタッフの対応もとても良く、ちょっと無理かな?と思ったリクエストでも、嫌な顔をすることなく親身に対応してくれました。

時間がなかったのにもかかわらず、条件にあった金額を提示してくれたため、個人的にがとてもよい会社だと思います。スタッフのか方もとても感じがよくて、親切丁寧に説明をしてくれました。複数の会社に査定をお願いしていましたが、結局ラビットに決めました。

対応がとっても早くて、丁寧だったところが非常に良かったです。買取後にお礼の手紙と、名義変更後の車検証のコピーも送っていただき、安心して取引ができたと実感できました。やはり、買取価格だけではなく、スタッフの気配りや細かい点も、しっかりと説明してくれる事も大事だと思いました。

色々な会社で査定をしてもらいましたが、結果的に最も高い査定額を提示してくれたのは「ラビット」で75万円でした。1週間後に手放すということを条件に、80万円までアップしてくれるという条件を提示してもらったので決めました。

査定時に「過去に事故を起こしたことがある」という事を伝えたのですが、問題なく買い取りして頂けたので驚きました。また、中古車市場の現状や、車を買い取った後にどうなるのかや、査定額の理由なども詳しく教えてくれました。